2017年4月1日より、中島健二先生の後任として鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科学分野教授に就任いたしました。
当科は、1962年に医学部附属の脳幹性疾患研究施設脳生理部門(後に脳神経内科部門と改名)として開設され、日本中で最も歴史ある教室の一つ脳神経内科(神経内科)の一つです。
初代下田又季雄教授は臨床脳波学を主体にてんかん近縁疾患の研究を進め、その後、1997年から第二代教授高橋和郎先生が研究分野の対象を広く臨床神経学全体に広げ、1995年から前任の第三代教授中島健二先生が、臨床に重きをおきながら山陰の地域性を生かした研究・診療・教育に取り組まれてきました。この伝統をさらに発展させ、鳥取県および山陰の医療に貢献するとともに、鳥取から全国・世界に発信しつづけていけるよう努力したいと思っております。

当教室は、脳卒中、認知症、頭痛、てんかんなどのcommon diseaseから、パーキンソン病や脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症などの神経難病まで広い範囲の神経疾患に対する、専門的で最新の診療を行っております。
急性期疾患に関しては、救急災害センターと協力しながら毎日数多くの救急診療をし、脳血管障害にはtPAや血管内治療などの最新の医療を脳外科と協力体制を組んで盛んに行っています。近隣地域の回復期リハ病院・慢性期病院との円滑な連携体制も整えています。
神経難病診療には歴史があり、専門的な知識を基に正確な診断と適切な治療を検討しています。新しい診断法や治療法もいち早く取り入れる体制が整い、臨床治験なども積極的に取り組んでおります。神経難病診療に必須である、地域での生活支援や介護体制の支援も行っております。
当病院内には、鳥取県難病医療連絡協議会および鳥取県難病相談・支援センターが設置されており、地域での難病医療体制の整備および県内の難病患者のきめ細かな相談・支援を行えるよう努力しております。
また、鳥取大学では脳とこころの医療センターとして、精神神経科、脳神経小児科、脳神経外科と共に神経疾患に取り組んでおります。より広い視点で神経疾患の診療を協力して行う体制を築いております。

脳神経内科は広い疾患を担当する科であるため、専門医の数がまだまだ足りません。当科では、将来の医療を担える神経内科専門医の育成を大事に考えております。臨床神経診察・治療を適切に行うよう基本を学びながら、多くの先輩同輩から日々の臨床から高いレベルの知識を習得できる環境であると思っております。また、自分の視点を持ってモチベーションをもって診療にあたれるよう、大学院でのより専門性の高い内容の教育も大事にしております。

当科の研究は、疫学、電気生理、病理学、免疫学、生化学などの種々の手法を用いて、神経変性疾患や認知症、脳血管障害、頭痛などに関する研究を行ってきております。さらに、研究体制を充実させ、山陰の地域性を生かした独自の研究をすすめていき研究結果を世界に発信していきたいと思います。

今後の高齢化社会では、認知症、パーキンソン病、脳血管障害などの神経疾患の患者数が増大することが予想されます。これらのこれまで治療が難しかった疾患や症状に対する研究を進め、新しい治療法の開発に力を入れたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

正式名称
鳥取大学医学部医学科脳神経医科学講座脳神経内科学分野

設 置
1962年 脳幹性疾患研究施設臨床生理部門として開設(後に脳神経内科部門と改名)
1963年 診療科が併設
2009年 脳神経医科学講座脳神経内科分野に改組

主任教授
初代 下田又季雄 名誉教授 (1962~1977)
2代 高橋和郎 元鳥取大学学長 (1977~1995)
3代 中島健二 (1995~2016)
4代 花島律子 (2017~)


学内医局員の紹介