1.神経生理学的研究
中枢神経や末梢神経で起こっている現象を調べる方法として神経生理検査があります.神経生理検査によって障害部位の同定,障害の質・程度を鑑別することが可能となり,臨床診断や予後判定に有用です.臨床検査のみならず、経頭蓋磁気刺激などの非侵襲脳刺激法や機能画像も用いて、ヒトの神経活動の仕組みを解明し、神経疾患の病態解明、治療への応用を目指しています.国内の共同研究・国外への発信も行っています。

2.疫学的研究
医学において各種疾患を理解するうえで,有病率や自然史を含めた疫学的情報は最も基本的なことがらとなります.当科では,地域性を生かし島根県海士町(隠岐)や米子市において,パーキンソン病などの変性疾患,認知症疾患,脳梗塞,頭痛などの疫学調査を長年にわたって行っています.また,神経疾患は稀少疾患であることが多く,単施設での研究では限界があります.当科では, All Japanの多施設協同レジストリー研究に積極的に参加しています.

3.分子生物学・生化学的研究
神経疾患では,神経変性疾患をはじめ未だに原因不明である疾患が少なくありません.血液,脳脊髄液,遺伝子などの患者サンプルを用いた分子生物学的・生化学的研究によって疾患特異的なバイオマーカーの探索,病態の解明,治療戦略の確立を目指しています.また,神経疾患のモデル動物や培養細胞を用いた基礎医学に関する研究も行っております.

4.病理学的研究
神経疾患のなかでも神経変性疾患などにおいては,病理学的検索によって最終的な診断がなされることがあります.病態解明においても、直接脳を調べることのできる病理検査を詳細に行うことは重要です.患者剖検組織,生検組織を用いた病理学的な検討による臨床診断の向上,あるいは,病態に関する研究を国内で連携をとり行っております.


学内医局員の紹介